最短でお金を借りるには?

給料日前に財布の中がちょっとさみしいとか、今日中に口座へお金を入れておかなければならないといったことは誰にでも経験があると思いますが、そんなときはキャッシングを利用するのも一つの方法で、キャッシングは最短その日にお金を借りたい時に申し込みをしてその日に融資が受けられる「即日融資」でお金が借りられます。

 

[消費者金融の即日融資]
即日融資は最短その日にお金を借りる方法で、キャッシング会社と契約ができていれば申込をするとすぐに口座に振り込をしたもらったり、カードがあれば提携コンビニATMからいつでもお金が引き出せます。
また、これからキャッシングを始めたいかたでも「即日融資」のサービスが受けられます。
即日融資は消費者金融で申込をするほう確実で、銀行に比べて審査が緩く、小口金融に特化しているため、持っているノウハウやシステムを駆使して審査がおこなわれます。
消費者金融は申込から契約までが1時間程度で終わるので、申込をしたその日のうちにキャッシングができる確率が高いことで人気があります。

 

[銀行カードローンの即日融資]
即日融資で人気があるカードローンは三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」で、インターネットからの申込は原則最短30分で審査が終わることや、テレビ窓口から直接申込をすると最短40分でカードが発行されます。
また、新生銀行のカードローン「レイク」は消費者金融の「レイク」をそのまま引き継いでいるので審査結果がわずか30分で出るので即日融資に対応しているカードローンとしてじっせきがあります。

 

[即日融資で申込む]
即日融資の申込はインターネットからの申込方法が便利で、24時間いつでもどこからでも申込ができるので時間を気にせず申込ができ、申込から契約までが最短で1時間ほどで終わります。
ただ申込が混雑する場合もあるので、余裕を見て平日なら午前中に申込みを済ませて14時までに契約が終わっていれば銀行の営業時間内に自分の口座に振込をしてもらえます。

 

また別の方法としてインターネットから申込みをして仮審査までを終わらせておきます。
仮審査が通れば、仕事が終わった後でも無人契約機へ行き本審査を受けてカードの発行をしてもらい、カードを使って備え付けのATMや提携コンビニATMからお金が借りられるようになるので、銀行の営業時間を過ぎていても問題なく借りられます。

主婦がお金を借りるには?

家計をやりくりしながら乗り切っている主婦にとって急な出費は脅威ともいえます。
パートなどで収入を得ている主婦のかたならまだしも、子育てに忙しくパートに出られない主婦のかたがそう思うのは当然のことでしょう。

 

そんなときキャッシングの利用を考えるのもひとつの方法ですが、これまで自由に申込ができたキャッシングは、主婦がキャッシングをすることは法改正で制限されるようになりました。

 

[消費者金融でのキャッシング]
法改正がおこなわれたのは貸金業法で、消費者金融やクレジット会社が対象になります。
貸金業法の改正には総量規制で消費者金融やクレジット会社が融資をするときは年収の3分の1をこえてはならないと決まったため、年収がなければキャッシングができなくなりました。
そのため、パートに出て収入を得ている兼業主婦の場合は、年収が有ると認められるのでこれまでどおり申込ができますが、年収の3分の1以内になるので多くは借りられません。

 

また、専業主婦の場合は総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付制度」を利用して融資が受けられますが、そのためには配偶者の同意を得ることが条件になっています。
この「配偶者貸付制度」で融資をしている消費者金融もありましたが、審査に時間がかかることや審査内容もおおく時間がかかるため、現在この制度で融資を受けることは難しくなっています。

 

[銀行カードローンでキャッシング]
パートやアルバイトに出たくても出られない専業主婦も同じように日常生活の中で急にお金が必要になるときもあります。
そんなときは銀行カードローンを利用すれば専業主婦もキャッシングは可能になります。

 

銀行カードローンは銀行法に基づいて事業をおこなっているので総量規制の対象になりません。
したがって年収による制限はないことから銀行の審査に通れば専業主婦でもカードローンが利用でき、銀行の商品として専業主婦専用のカードローンを用意している銀行もあります。

 

銀行カードローンは金利も低く、お金を借りるにしても銀行で借りているという安心感もあるので専業主婦の間でも人気が高まっている金融商品です。

レイクは総量規制対象外?!

消費者金融やクレジットカード会社から、源泉徴収票や、給料明細のなどの提出を求められたことはありますか?
私は一度だけあるのを覚えています。それは貸金業法が改正され、新しく総量規制という法律が制定された年のことでした。利用しているクレジットカード会社から、初めて源泉徴収票の提出を求められたのです。

 

始めは「総量規制」とは?と、ちんぷんかんぷんだった私ですが、説明をよく読むと、「借入限度額の調整を行う」とのことでした。要は、私の年収を調べて、その額面で限度額を決め直すということだったのです。

 

その結果、私の限度額には変更はありませんでしたが、実際にはこれによって限度額を減額された人もいるはずです。
そして、この総量規制により、それ以前には割と希望通りに限度額の増額ができていましたが、これ以降、基本的に増額は難しいという状態になってしまっているのです。

 

貸金業法に該当する貸金業社からの借入は、基本的にこの総量規制の制限を受けなければなりません。しかし、金融機関の中でも、貸金業法に該当しない金融機関があります。それが銀行です。銀行は管轄されている法律が違うので、総量規制は関係ありません。従って同じローンの中でも、銀行が経営しているカードローンは融資限度額に法律的な規制はありません。

 

ちなみに「レイク」は消費者金融のようなイメージがありますが、こちらは新生銀行が経営しているので、総量規制の対象になりません。